読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラジェントル

YUKI&ASUKAによるリレー小説

第16話 「ひみつ」

 店と店の間の細い路地に、二人の人がうずくまって座っている。一人は子供で、見たところ親子のようだ。裾が破けたズボンを穿き、ぼろの布切れをまとっている。母親と見える人が、しゃがれた声で話しかけてきた。

「そこのお方、聞いてください。私たちは何日もろくに食事をしていないのです。家もなく寒さで凍えてしまいます。どうか、お恵みを…」
彼女は両手を差し伸べて、ルテの顔を見つめた。子供のほうは、母親の後ろに隠れ、同じようにしてこちらをじっと見ている。
「大変だ。さぞお困りでしょう。何か、あげられるものは…」
ルテはあわててポケットの中を探った。


「ルテ、待って。あげなくていい」
エマがルテの後ろから言った。

「そんな…なんて情けのない人なのでしょう。このままでは私たちは飢えで死んでしまいます」
彼女は子供を抱きかかえ、声を震わせた。エマは彼女を睨んだ。
「エマ、どうしたの?なんだか変だよ」
ルテはエマの顔を覗き込んだ。
「この人、嘘ついてるのよ」
「え?嘘?」
「まぁ、そんな、嘘だなんて」
ぼろの布で口を隠して彼女は驚いた顔をした。
「食べ物に困ってないわ。そうやってわざとみすぼらしい格好をして、飢えている演技で人を騙して金品を集めてるのよ。それに、家もちゃんとある。あたし、知ってるもの。この人の家」
エマは、はっきりとした口調で言った。
「な、なんて失礼な子!」
そう言い捨てると、親子は路地の奥へ逃げるように消えていった。

「すごいよエマ!あの人の家みたことあったんだ」
「家なんか知らないわよ」
ルテはさらに驚いた。
「知らなかったの!?ハッタリがよく当たったね」
「うん。でも嘘だって分かってたから」
「嘘がわかってた?」
「…うん」
「それはどうして?」
エマは一瞬ためらうように目を伏せたが、すぐに向き直った。ゆっくり歩きながら話し始めた。

「…花がね、見えるの」

「花?」
ルテにとっては意外な返答だった。
「お腹の辺りに、もやがかかったようにね。人が嘘をつくと見えるの」
エマは一語づつ確かめるように言葉を続けた。
「花はその人の感情や、性格そのものよ。相手のためを思ってつく嘘の時は、花は綺麗に咲いている。でも、自分の欲のためや、相手を陥れるためにつく嘘の時、花はしおれて枯れるの」

人々の活気で商店街はうるさかった。けれど、ルテはエマの言葉に真剣に耳を傾けた。

「花の名前はフラジェントル。あたしが勝手にそう呼んでいるだけだけれど。…まだ、綺麗に咲いているフラジェントルを見たことがない。どれもこれもしおれてたり、花びらが全部散っていたり…」
「さっきの人も、花が見えたんだね?」
「うん。枯れて、今にも折れそうだった。きっと欲に吸いとられたんだわ」
「ありがとう、僕、騙されるところだった」
「だから言ったじゃない」
ルテはこれからは気をつけるよ、と言ってにっこり笑った。

エマは秘密を共有することが嬉しいような不安なような気持ちだった。
そろそろ6時だ。合図の青色特急が草原の上を走っていくのが見えた。

第15話 「商店街」

翌日、目が覚めるとエマは上半身を起こしてボーっとした表情で天窓を眺めた。
空は相変わらず黒いびろうどに白い星がちりばめられた夜空だけが広がっていた。
(ルテ…)
綺麗な星色の翼をつけたルテと一緒に星空を飛び回った夢をみた。
夜空ばかりをみていたエマの頭の中はいつしかルテの事でいっぱいになっていた。

足早に用意を済ませたエマは駆け出すように家をでた。
エマの眉に少しかかる程の前髪と、ふわっとした襟元につくほどの後ろ髪と同じ長さの耳を隠す横の髪が優しく風に靡いていた。
草原の丘を目前とするエマのうす茶色の瞳は、まるで星が入った様にとてもきらきらとしていた。
「ルテ!」
「エマ、待ってたよ!」
「ふふ、でも今日は昨日より早くついたはずよ?だってほら、あそこにいる二号目の星屑列車がまだカシオペア駅を出ていないわ」
「あ、本当だ、でもエマが来るのが待ち遠しくてさ!ねえエマ、今日は商店街へ行こうよ」

ルテの言葉の一つ一つがエマの表情を柔らかくしていった。
そんなルテの誘いを断るはずもなくエマはうん、と言って二人は商店街へと向かった。

・・・・・・・・・・

商店街は立ち並ぶ建物の間にあるオリオン座のベルトを囲むジェミニの様な形をした背の高い街頭が眩く街全体を照らしていた。
街中はいつもと変わらず賑やかで、子供たちが歩きながら星めぐりの口笛を吹いたり、赤ちゃんを抱いた少し若いお母さんたちが集まって話をしていたり、まるで街じゅうの人がここに集まっているかのようだった。

賑わう人々の中、ルテはエマの手を引いて街に入るなり小物や装飾品を売る店で何かを物色し始めた。
「ねえエマ、この指輪エマに似合いそう!」
そういってルテが差し出した指輪は、夜のように真っ黒な盤の上にきらきらと星屑と似た白い石をちりばめた綺麗な指輪だった。
他にも稲妻の形や月の形をした青白い石でできたネックレスや赤い実に似せて作った髪飾りなど、いくつかエマに見せては嬉しそうに笑っていた。
エマもなんだか気恥ずかしい反面とても嬉しそうにしていた。

一通り店内を見た二人は話をしながら外にでた。
暫く歩いていると小さく声が聞こえてきた。

第14話 「空を飛べたら」

 翌日もその翌日もエマはいつもの時間に草原へ行った。そこへ行けばルテがいた。ひとりになりたくて通っていた場所が、一人の場所ではなくなっていた。しかしその事を嫌に思う気持ちはなかった。
彼の言葉にはいつも嘘がなく、別世界の話は興味深かった。エマが誰かに興味を持つことほど珍しいことはないだろう。自分自身にさえ興味など持っていなかったのだから。

「ルーテー」
なだらかな坂になっている草の上を歩きながらエマは目的の名前を呼んだ。エマはルテが振り向いて、目が合う瞬間が好きだった。必ず彼は自分を見ると花が咲いたように明るく笑い、名前を読んでくれる。予想通り、今日もそうだ。エマ、と呼んで駆け寄ってきた。
「見て、空に鳥が群れをなして飛んでいるよ」
ルテは空に指をさした。
「本当だ。北へ渡るのかしら」
エマも顔をあげ、指のさす方向を見つめた。
「空を飛べたらどんなに良いだろう。きっと気持ちが良いだろうね」
「ルテは飛べるじゃない。流れ星に乗って」
「あれは星が飛んでるのさ。僕じゃないよ」
「そんなの贅沢だわ」
ルテは草の上にドサッと音を立てて寝転がった。

「僕の住んでいたところではね、皆自由に空を飛びまわれるんだ」
「空を?」
「うん。ある時ね、鳥のように綺麗な翼が背中から現れる。そうしたら一人前として見なされるんだよ」
「大人になると翼が現れるの?」
「いや、そういうわけじゃないと思う。小さな子供でも翼がある子は稀にいるから」
「じゃあ小さい子でも翼があると一人前と見られるのね」
「うん。でも僕はまだ翼がないから半人前なんだ。あってもおかしくない歳なのに」
「ルテ、あなたいくつ?」
「18だよ」
「18!?…あたしよりひとつ上だったのね」
エマは童顔な彼の顔にだまされ、年下だと高を括っていた。意外なところで違いが発覚してしまい、驚きを隠せなかった。しかしルテが少し落ち込んでいるように見えたので、口にせず、励ますほうに専念した。
「個人差があるんでしょう?」
「多少はね。僕のお兄さんは15歳の時だったかな。人と比べても仕方ないとは思うけれど」
「不安になるのは賢い証拠よ。大丈夫、そのうちきっと飛べるわ」
「うん、僕もそう思うことにするよ」
普段人を励ますなどしたことなかったエマは、自分の不器用さにもどかしさを感じたが、ルテはすぐいつもの笑顔に戻ったので安心した。
「エマ、ありがとう。元気でた」
何でこの人はこんなに率直に言えるのだろうとうつむいた。
「飛べるようになったら一番にエマを空に連れて行ってあげる」
うん、と頷くのが精一杯だった。耳が熱かった。

***
家に帰り、布団に入ってエマはルテを思い出した。きっとルテの翼は綺麗な色をしているのだろう。きっと、髪と同じ、星の色。暖かくて、優しい色。
そんな事を考えながら、眠った。

第13話 「懐中時計」

「あ、もうこんな時間だ…ねむらないと」
こんなに夢中になって話してしまったかと思うとエマは急に気恥ずかしくなり少し慌てて立ち上がった。

ゴトッ

エマは落とした物を急いで拾うと、ゆっくりとまた座りじっとそれを見つめた。
それはいつもエマが身に着けている懐中時計だった。

「…エマ?どうしたの?」
「うん…これね…お父さんの形見なんだって」
「そうなんだ…すごく綺麗な模様だね」
「あたしにコレの価値とかはわかんないけど、ただお母さんが大事にしなさいって昔くれたものなの」
「へえ…きっとエマのお母さんみたいに優しいお父さんだったんだろうね」
その言葉を聞くとエマは少し沈んだように俯いて答えた。
「……それはどうかわからない」
「どうして?」
「リビングにあったお父さんの写真をみたでしょう?」
「あ、にっこり笑った写真でしょう?あれを見たらもっと優しそうに…」
「そこじゃないわ、写真にたくさんシワが寄ってるの」
「うーん…そうだったかなぁ」
「そうなの!あれは…お母さんがやったの。」

今まで少し不思議そうな顔をしていたルテは、だんだんと真剣な表情でエマの話を聞いていた。

「あたしが小さい頃なかなか寝つけなくて夜中に階段を下りていったらお母さんがお父さんの写真をじっとみつめてたの」
「うん…」
「それで…“どうして置いて行ったの、どうして”ってなんども言いながら写真を強く握っていた…それはその時のシワよ」
「お母さんも…きっと淋しいんだね…」
「その日以来お母さんがお父さんの話しをするときは決まって嘘をつくようになった」
「嘘を?」
「そう…“とても素晴らしい人よ”……そんなことちっとも思ってないくせに…」

エマはとても悲しそうな顔をして懐中時計をきゅっと両手で握った。
ルテはそんなエマの姿に心が少し痛む気がした。

「…さてと!もう本当に寝ないとね」
「そうだね、明日もまたエマのお話たくさん聞かせてね?」
「え…?べ、別にいいけど…かわりにルテの話も聞かせてよね!」
「ふふ…いいよ、たくさん話そう」

そう言ってふわりと微笑むルテにエマの頬はいつの間にか淡い朱に染まっていた。
エマは気恥ずかしそうにふいと顔を背けると懐中時計を右のポケットにしまい頬を抑えた。
ルテはまた小さくクスと笑ってエマを見つめていた。
二人はゆっくりと立ち上がり、それぞれの部屋へ戻っていった。


翌日、二人はそろってエマの母に起こされるまで昼過ぎまで眠ってしまっていた。
朝食と昼食を兼ねた食事を済ませると早々と支度をして家を出た。

「行ってきます」
「お邪魔しました!」

エマの母はルテにまた来てね、と笑顔で見送るとルテも嬉しそうに笑い返した。
二人が外に出て歩き出すと昼下がりの風が心地よく吹いていた。

第12話 「太陽」

目をつむって、無理やり寝ようと試みた。
(だめだ、眠れない…)

こんな時は風にでもあたって気分転換した方が良い。エマは出窓から屋根へ登った。するとそこには先客がいた。空を見上げているのはルテだった。片膝を抱えて座り、白銀の髪が月に照らされて透き通るように光っている。
「あなたも、眠れないの…?」
エマはぎこちなく隣に座った。
「ああ、エマ。…うん。なんだか寝付けなくて」
ルテはまた空を見上げた。
「エマ、太陽を知っている?」
「タイヨウ?」
エマは初めて聞く言葉だったので首をひねった。
「太陽はね、光だよ。それも大きくて偉大な光なんだ。月や星は優しくて包み込んでくれるような光だ。でも太陽はね、直視できないほどの強い力を放つんだ。全てのものを生み出して、力を与えるような」
「そんな光、見たことないわ」

ルテは懐かしがるような優しい口調で言った。
「僕のいる世界では太陽が全てを照らしていたよ」
エマはルテの言葉に違和感を覚え、そしてはっとした。
「ルテ、あなたはどこからきたの?流れ星からやって来たのね」
「…うん。僕はソレイユという星から来たんだ」
「…ソレイユ…」
エマはそこにいる少年が別世界の住人であるという実感がすぐに湧かなかった。想像でしかなかった事が現実味を帯びて徐々に自分に流れ込んでくる。
「ルテは…嘘つかないのね」
「あれ?エマ信じてくれるの?」
ルテは子犬のような笑顔でエマの方向に体をむけた。
「だって、本当のことなんでしょう」

(フラジェントルが見えないから…)


静まっていた街が遠くの方からぽつぽつとろうそくの明かりが灯っていくのが見えた。
また、今日がはじまる。

第11話 「食事」

「…ただいま」
「おじゃましまぁす!」

家のドアを開けながら二人が言うとエマの母親は手際よく夕飯の支度をしながら嬉しそうにおかえりなさいと言った。
二人はとりあえず荷物を置き、食事をするための支度をして席に着いた。
テーブルにはいつもよりも随分多めに作られた食事が何種類も並べられており、エマは三人ではとても食べきれないだろうと内心思うも、そこから母のはりきりが伝わるようだったので悪い気はしなかった。

ルテは席に着くや家の中をきょろきょろと見回した。
「…家の中そんなに珍しい?」
「ううん!珍しいとかじゃないけど…エマのおうちすっごく可愛いね!」
エマが少し呆れたような声色で言うとルテはいつもの屈託の無い笑顔を向けて答えた。
ルテのその言葉にエマはハァとため息をついて反論しようとした時、用意を終えた母が割り込むように入ってきた。
「うふふ、可愛いでしょうー?おうちの中は私の好きなものばかりなの!」
嬉しそうに言いながら席に着く母にルテは感心したような顔をしていた。
そんな二人の様子が少しくすぐったいような複雑な気持ちになったエマは小さくいただきますと言って一人で食べ始めると、それに続いて二人もクスと笑い食べ始めた。

「わぁ…これも、これもみんなおいしいです!」
「そうかしら?ありがとうルテくん!たくさん食べてね?」
「……」

ルテは本当においしいと言って嬉しそうに食事をしていた。
しかし無邪気に笑う反面、ナイフとフォークを使い行儀良く食べる姿は少し意外だった。

「それにこのスープ!昔母が作ってくれたのと似ていてとても懐かしい味…」
「あら、それはエマが一番好きなスープなのよ!」
「そうなんだぁ!一緒だね、エマ」
「べ、別に一緒じゃないでしょ?作ってる人違うし」
「ふふ、ふたりは仲良しなのねぇ」
「はい!エマはとても優し…」
「ちょ、ちょっとやめてよお母さん!ルテもいい加減な事言わない!」
「あらあら本当に仲良しね!うふふ!」

エマとルテ、お互いの小さい頃の話や好きな事など食事をしながらたくさんの話をした。
食卓を囲み久方にこんなに賑やかな食事をしたのだろうと思っていたのはエマだけではなく母もルテもだった。
楽しく流れている時間にも、ふとした瞬間ルテのいつも見せる笑顔がふっと淋しそうにみえた時があった。エマはそれがなぜかと少し気になるも今は聞こうとはしなかった。
食後の紅茶も飲み終える頃、母がおもむろに問いかけた。

「ねえルテくん、今日は泊まって行ったらどう?」
「え…!?……いいんですか…?」
「もちろん良いわよ!ご両親にお電話とかしたほうがいいかしら?」
「あ、それは大丈夫なんで…!」
「あらそう?ふふ、それじゃちょっと待っててね?」
母は嬉しそうに父の部屋が空いているのと言って階段を上がって行った。
エマは母の性格とこの時間を見越してこうなるだろうと思っていたせいか、珍しく反論する事もなく黙っていた。


「じゃあ…おやすみ」
「うん、おやすみエマ」

バタン

廊下でルテと別れエマは自分の部屋の扉に寄りかかり、まさか母以外の誰かにおやすみを言うなんて、と思い複雑な気持ちで立っていた。
ゆっくりとベットへ横になり、天窓を見上げて星空を眺めた。
(昨日も今日もなんだか色々な事があったな…)
気のせいか一段と眩しく見える月明かりにエマの目は冴えていく一方だった。

第10話 「日常」

 翌日もエマは草原に向かった。商店街を抜けて、少し歩くと小高くなった所にそれが見える。今日の夕食に誘うかどうかは別として、フラジェントルが見えない少年にまた会ってみたいという気持ちは否定できなかった。

大きな木の根元に彼はいた。柔らかい草の上に頭の後ろに手を組んで寝そべっている。
月と星の明かりだけが頼りのこの場所は、ろうそくの明かりが邪魔しないので昼寝には絶好なのだ。エマもよくそうしたように彼は目を閉じている。
「…ルテ」
エマは近づいて少しかがんでから名前を呼んだ。少年はう~ん、と目をこすって伸びをした。
「あ、エマ。おはよう」
ゆっくり起き上がってルテはエマに挨拶をした。
「頭に蝶々とまってるわよ」
その時ルテはあくびをしてしまったので、すぐ飛んでいってしまった。
「エマはいつもここに来るの?」
「…うん」
「ここいい場所だよね。僕、人が沢山いる場所も好きだけど、こうやって空をゆっくり眺めるのが一番好きだな。特にここから見る空が一番」
「うん、そうね。私も好き」
二人は座って無数の星が光る空を見つめた。

「あ、あのね」
ふいにエマは切り出した。
「昨日、落し物を拾ってくれた人がいたでしょう?」
「落し物?…ああ、このペンダントを拾ってくれた人のことかな」
ルテは首からさげたリングを指でとって言った。紋章のようなものが彫ってあり、銀色に光っていて、とても綺麗なものだった。
「その人ね、私のお母さんなの。それで、夕食を一緒にどうかって言っているんだけれど…」
エマは少しうつむいた。ルテは少し驚いた顔を見せるとすぐいつもの笑顔になって言った。
「エマのお母さんだったのかぁ。このペンダント、大切なものだからとても助かったんだ。それに夕食に誘ってもらえるなんて。僕は喜んで行くよ」

いつもの青色特急が発車した。列車が走った後の星屑は、まばゆく散って空に浮かぶ。
エマはいつもの帰り道を歩いた。空も街も変わらない。いつもと違うのは、一人ではなく、ルテと一緒に帰っていることだけだった。